僕のおもひでグラフィティ
arumikan-an's Blog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
WX300K(京ぽん改)購入しました!
2年前、京セラから、PC用サイトが閲覧できるフルブラウザ(Opera)を搭載したPHSが発売されました。当時、僕はPS-C1という同じ京セラのPHSを持っていたのですが、いいかげん使い古してて、そろそろ買い換えたい思ってしました。
ですが、当時のPHSは、、というよりそれまでのPHSは、カラー液晶は導入されていたものの、それを活かした機能がないなど、魅力的な選択肢がありませんでした。


そこで登場したのがAH-K3001V、通称京ぽんでした。
それまで、携帯でのインターネットの閲覧といえばCompactHTMLを使った携帯専用のサイトを閲覧するのが主流でしたが、イマイチ僕の目には魅力的には映りませんでした。

「PC用のHPの閲覧がいつでもどこでもできたらいいのになぁ」

とずっと思ってたので、京ぽんが発売されたときはホントにうれしかったです。それは、もちろん僕だけじゃなく、PHSを持っていた人の多くが同じ気持ちだったでしょう。
そして京ぽんは、エッジというPHS規格を立て直した革命的な機体として、PHSの歴史に名前を残すことになりました。

あれから2年、その京ぽんの改良版であるWX300K、通称京ぽん改(まんまやん。。。)を手にすることになりました。

これが、そのボディです。
わんこしょうは、、相変わらずですが。。。(T_T)

■新京ぽん、その魅力
色は、8/3に新発売された新色、ネイビーブルーです!
この色、どうでしょう?今回本機種を買う決め手となったのは、一つは回線速度が4xパケットにパワーアップしたこと、もう一つは、この色です。
スマートなボディでありながら、重厚な色合い!もともと、青好きということもあって、一目で気に入ってしまいました。


■手を出す気になれなかった上位2機種
そんなわけで、WX300Kを購入するに至ったんですけど、ちょっと前までは、以前gooブログで記事にしたことがあるのですが、上位機種であるWX310K(京セラ)かWX310SA(Sanyo)が欲しいと思ってたんですよね。。。

ですがこの2機種、今までのエッジにはない機能が搭載されていて魅力的ではあるのですが、WX310K、Bluetoothはりなざうとの接続に便利だろうなあとは思いましたけど、りなざう、普段そんなに持ち歩くことないでしょうし、それのためにあの価格はちょっと高い、、、そしてなによりデザインがあまり好みじゃありませんでした。(特に、手に持ったときの感じがどうもしっくりきませんでした。)
一方、WX310SAはデザインについては黒と赤のカラーがとても気に入ってたんですけど、ボディの開け閉めできしんだ音がすることがあるなど、ボディの品質がイマイチよくないとの話をあちこちで聞きます。またブラウザは、りなざう・PSPでイマイチな機能を体験済みのNetFront。。。 どちらも、いい機体なんですけどね。。。結局踏み切れませんでした。f(^^;)


そこで、WX300Kが4xパケット通信対応との朗報。それに加え、新色ネイビーブルーの発売。
もともと京ぽんのデザインに惚れこんでいて、次に買う機体の絶対条件が4x通信速度だったんで、「これだ!」と、迷わず購入に踏み切りました。


さて、実際に手にしての感想をちょっとだけ書きます。

■スペックに表れないAH-K3001V(京ぽん)との違い
京ぽんのマイナーチェンジということでスペック的には大きく違いありません。
目立った変更点は、カメラが11→35万画素にあがったことと、最近4xパケット通信が可能になったこととぐらいでしょうか。(他にも細かいことはいろいろありますが。。。)

ですが、それとは別にスペック表では見えない、大幅な変更がありました。

それは、「体感」です。

京ぽんは処理が重たかったです。一つ一つの動作の応答が悪く、特にOperaの起動時やページ移動でどれだけ待たされたことか。。。
それが、WX300Kでは最初に操作したとき、すぐに京ぽんよりサクサクなのがわかりました。Operaの起動が遅いのは相変わらずなのですが、それ以降の動作は、回線速度が速くなったこともあってストレスはほとんど感じませんね。

あともう一つ、持ったときの感触が違います。最初に持った瞬間、なんかえらく違うなあと感じましたが、その理由が分かりませんでした。最初は、2つ折のボディのうち、握る側の形が変わったかなと京ぽんと比較してみたんですけど、それといった違いは見つかりませんでした。
そこで、全体をよく見てみると、液晶側の厚さのみが若干厚くなって重さが増してるのが分かりました。
見た目の違いはほんのわずかですけど、ボディの先の方だけ重くなったことによる重量バランス変化が、持ったときの感触に大きな影響を与えているようです。


で、買って以来、いじり倒してます。操作はほとんど、、、いや全く(^_^;)変わってないんですけど、りなざうにつないで4xパケット通信を試したりして、快適になった体感を味わってます。
体感って大事なんですね。いい勉強になりました。

《関連リンク》
○WX300K 公式サイト(京セラ)

○AH-K3001V 公式サイト(京セラ)
スポンサーサイト
▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。