僕のおもひでグラフィティ
arumikan-an's Blog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
ダイエットは食べないのがいい?(なつかしのアレ#9 デブってたあの頃 続編)
時は2年前、年は31歳。それまでの大食がたたり、身長171cmに対して、体重が75kg近くまでになっていました。
友達と旅行に行って、旅館の風呂に入ったときも、友達がボソッと一言。

友達「デブッ」

あるみかん「( ̄Д ̄;)」

実際、そのときの写真の僕、まるまると貫禄のある、、、まるでドラえもんのような体格をしてまして、正直あまり見たくありません。。。(^_^;)

そんなひどい有様だったので、さすがに呑気者の僕も、痩せる努力をする決意をしました。
とはいっても、実は、世間一般でよく耳にするように、絶食して空腹感に耐えるだとか、一日何時間も歩いたりだとか、そういった並々ならぬ努力をしたわけではありません。

ずばり、やったことのうち主なものは2つ。1つは股関節を中心としたストレッチ。もう1つは、

「一日の摂取カロリーを意識する。」

・・・・これだけです。ただこれは、繰り返しになりますが食事をやみくもに制限したというわけではありません。

■やみくもな食事制限は。。。。
「基礎代謝」という言葉。一度は聞いたことある言葉だと思います。これは、血液を循環させるために心臓を動かしたり、呼吸をするために肺を動かしたりするなど、体を維持するために消費されるエネルギーのことですね。この基礎代謝は、全く体を動かさなくても消費されますので、通常、人はこの基礎代謝量に加えて、一日に活動する運動量分のエネルギーを摂取・吸収しなければなりません。よってこの必要量を満たさないように食事制限をすれば、痩せることができるわけです。

ところが、ここで一つ落とし穴があります。基礎代謝量より食事を制限すると、体は、自分を維持できないと判断し、それを食い止めるために基礎代謝量を落とそうとします。(この、一定の傾向を食い止める力をホメオスタシスといいます。これは、他のケースでも起こりますので、次回にまた触れます。)その結果、いっとき痩せることはできても、エネルギー消費の少ない体、つまり痩せづらい体となってしまい、じきにリバウンドしてしまいます。

■適切な一日の摂取カロリーとは?
では、どのくらい制限して、どのくらい食べればいいのでしょうか?上記を見れば、答えは見えると思いますが、結論を言うと

基礎代謝量 ≦ ダイエット向け摂取カロリー < 一日に必要な摂取カロリー(基礎代謝+運動による消費カロリー)

です。
一日に必要な摂取カロリーや基礎代謝量は、ネット上にそれを調べるHPがたくさんあるようです。そのうち、今回は以下のページを探して見ました。

○ダイエットについて「基礎代謝」(うるおい.net)

ここで算出される一日に必要なエネルギー量は、若干よそと比べて低いような気もしますが、、、体重によってちゃんと基礎代謝量を出してくれるので、ここを選んでみました。

このカロリーを意識しながら(僕の場合は、1500~2000kcalですか。。)、ストレッチなどの多少の運動と組み合わせて食事制限をしていたら、74.5kgから最低66kgまで減量することができました。さすがに66kgのときはフラフラだったので、多少食べるようにしました。で、今は67~69kgをいったりきたりしています。

細かいことを言えば、他にも気にしてたことはあるんですけど(食べ物の内容など)、それは次回ということで。。。。
スポンサーサイト
▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。