僕のおもひでグラフィティ
arumikan-an's Blog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
ダイエットあれこれ(なつかしのアレ#9 デブってたあの頃 続編2)
さて、ダイエット話も3回目となりました。今回は予告どおり<知ってることのうち実際に効果のあったもの、自分では試してないけど効果があるかもしれないと思われるものを一通り書いてみました。


では、早速行きましょう!

■GI値
GI値とは、血糖値のあげやすさを数値で表したものです。一般に、炭水化物は血糖値をあげやすいものとよく言われてますが、実際は、食材によってかなりバラつきがあります。以下に載ってますのでご覧ください。

○GI値について

○最近話題のGI値とは?

さて、そもそも血糖値の上昇を気にしなければならないのでしょう?それを考えるのに欠かせないものが、ご存知の方も多いと思いますが、

インシュリン

ですね。インシュリンは、血糖値を下げるために体内で分泌されるホルモンで、これの働きのおかげで、血糖値はある程度一定に保たれます。インシュリンは血糖値があがると分泌され、血液内の糖を脂肪に変えて体内に蓄積させて糖を減少させます。。。。。つまり、インシュリンが働く高血糖状態ほど脂肪がたまりやすくなるというわけですね。
そこで、血糖値が上がりづらい食物を摂取することによって、脂肪の蓄積を防ごうというわけです。(世間一般で「低インシュリンダイエット」といわれているものです。)

ただ、この低インシュリンダイエット、いろいろ誤解や批判も多いようです。。。そこで、下記ページを一読するのをお勧めします。

○ついに始まった! 低インシュリンダイエット批判!

○発掘!あるある大事典の徹底検証を検証? 低インシュリンダイエットの真相

○ガイドも納得、正しい低インシュリンダイエット! 低インシュリンDietのススメ

・・・僕は、GI値や低インシュリンダイエットの考え方は、炭水化物に適用しています。具体的には、「ごはん」を摂ることによって体重がおちないなぁと感じたときに、GI値の低い「パスタ」に切り替えることによって炭水化物を摂りながらダイエットしています。(炭水化物を)全く摂らないと体に悪いでしょうからね。
バランスのいい食事をしながらできるのがこのダイエットのメリットだと思います。


■ホメオスタシス
ホメオスタシス(恒常性)とは、生物が体を一定状態に保つ働きのことです。詳しくは、ネット上の説明にお任せします。。。

○恒常性(Wikipedia)

この働きは、体温調節などいろいろなことで行われるようですが、ダイエットに関連するホメオスタシスは、以下のようなものがあります。

1.一ヶ月で5%以上体重を落とした場合、摂取した食物エネルギーの吸収率を高め、体重低下を防ぐ。結果、太りやすくなる。
2.摂取カロリーが基礎代謝を下回った場合、基礎代謝を低下させ、体を維持しようとする。結果、やせづらくなる。

僕の場合は、1.を防ぐことを徹底しました。僕の体重は当時74.5kgだったので、約3.7kgですか。これ以上は1ヶ月で落ちないように注意して、次の1ヶ月(2ヶ月目)でこの体重を一定に維持しました。これは、約3.7kg落ちた状態が標準の体重であることを体に教えるためです。そして、この2ヶ月のセットを繰り返しました。

2.は、よくコンビニやスーパーの惣菜に書いてあるカロリーを参考にして、一日あたりの摂取カロリーを意識しました。あとは、先日の記事の通りです。


■UCP(脱共役タンパク質)
UCPとは、簡単に言うと、運動していない状態でも熱を発生させて、エネルギーを消費するたんぱく質のことです。UCPは特に、肩甲骨付近に多く存在してるとのことです。詳しくは、以下のページをごらんください。

○脱共役タンパク質(UCP)とは?

○アンカップリングプロテインとダイエット(Diet本舗)

このUCP、「痩せの大食い」の研究で発見されたと聞いたことがあります。ネット上では確認取れなかったので真偽のほどは定かではありませんが、痩せの大食いの人の体にUCPが多く存在するのは確かなようで、この働きにより、大量のエネルギーが消費された結果、太りにくい体質になっているのだそうです。

つまり、このUCPが増えたり活性化したりすれば、消費エネルギーが増えて痩せられるということになります。ただ、そのいろいろな方法がネット上に載っていますが、否定的な記事もちらほらとありましたので、参考程度にとどめておくのがいいでしょうね。(僕も、身をもっては確認できていません。。。)

今回はその中のうちの一つ、食物による方法をご紹介します。

UCPは、カプサイシン・カフェイン・DHAなどで活性化すると言われています。ですから、唐辛子・コーヒー・魚類(まぐろその他)等を摂るといいということになります。唐辛子なんかは、食べれば体が熱くなりますし、まぐろやかつおの刺身等を食べた後も体温が上がる感じがある上、DHAには血液をサラサラにする効果があるとのことなので、UCPとは別の基礎代謝上昇効果が期待できると思いますが、、、、コーヒーはどうなんでしょうね。僕、ブラックコーヒーよく飲むんですけど、あんまり変化がないような気がします。


■股関節ストレッチ
普段僕らが一番行ってる運動はなんでしょう?僕は、「歩くこと」だと思います。そして、この歩く動作で一番活動しているのが足の付け根、「股関節」でしょう。股関節がやわらかくなれば、歩くときの股関節周辺の動きが大きくなります。
これも、以下のページに説明が載ってます。

○股関節が柔らかくなれば代謝もアップしたい脂肪も燃焼し下半身全体が引き締まる(芦屋美整体)

僕が実際やったストレッチは、、、、まあ普通に両足を広げて前屈したり、その他にもネットに載ってるストレッチを試したのですけど、口では説明できません。いろいろ探してやってみてください。


■太りやすい食べ合わせ
太りやすい食べ物・飲み物、どんなものがあるでしょう?ごはん、ケーキ、コーラ、コロッケ、とんかつ・・・・・あげればきりがありません。これらに共通するものは何でしょう?それは、

「脂質」「糖質」です。

さらにこの2つをあわせて摂取すると、効果的に脂肪となって体に蓄積されます。(笑)
上記だと、トンカツ・コロッケ・ケーキが両方含まれてますよね。
ダイエット中は、これら2つのセットでの摂取には注意したいところです。


以上、知ってることをあげてみました。他にもネット上などに「○○ダイエット」などといってたくさんの情報が掲載されているのをいろいろ見かけてきましたけど、きりがないのでそれらをとりあげるのはやめときます。

ふう、ひさびさにこんな長い記事書いた。。。orz「ハァハァ」
これで、少し痩せられたかな?(笑)


《追記2006-04-23》
腸腰筋について、教えていただいたので(下記コメント参照)、
それについてのリンク載せます。

○腸腰筋(今日の発見)

○腸腰筋を鍛えよう!
スポンサーサイト
▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。