僕のおもひでグラフィティ
arumikan-an's Blog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
なつかしのアレ #6 銀河鉄道999のテーマ(佐々木功/杉並児童合唱団)
「汽車は、闇を抜けて光の海へ
 夢が散らばる無限の宇宙さ」

今でもよく思い出します。そして、口ずさんでいます。
銀河鉄道999は、他にもゴダイゴ、最近ではアルフィーが歌っていますが、やはり僕にとっての999のテーマは、佐々木功のこの歌でしょう。
この歌がOPテーマとして採用されたTV版 銀河鉄道999、小学校2年の頃にやってたのですが、大好きで毎週欠かさず見てました。(鉄郎が持ってた999の無期限パスポートを作って、よく友達と999ごっこをしたものです。。。)機械の体を手に入れ永遠の命を手に入れるために999に乗って旅をする星野鉄郎。彼の旅を描くのにこのテーマソング、そしてエンディングテーマの「青い地球」は、欠かせなかったことでしょう。

上記にある冒頭の歌詞やサビの

「人は誰でも幸せさがす旅人のようなもの・・・
希望の星にめぐりあうまで歩き続けるだろう」

がとっても気に入っています。人や人生はいろんな表現のされ方をされますが、この表現、ほんとに胸にしみます。カラオケで歌うときも、気持ちが入ってしまいます。

あと、佐々木功の声も素晴らしい。低音から高温までカバーした厚みのある声。今聞いてもうっとりしてしまいます。それと「杉並児童合唱団」も忘れてはいけません。上記サビ部分でバックで歌っています。彼らの歌声により、より一層切なさがこみあげてきます。

こんな名曲が歌われるアニメ、またでてこないかなぁ。
スポンサーサイト
▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。