僕のおもひでグラフィティ
arumikan-an's Blog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
なつかしのアレ#10 ストリートファイターZEROシリーズ
ストリートファイター、、、格闘ゲームブームの火付け役となったカプコンの対戦格闘ゲームです。大学に入学してまもなくに知り合った友達が、そのシリーズの一作で大ブームとなった「ストリートファイター2」をゲーセンに入り浸ってプレイしてたのに影響を受け、長年に渡ってこのシリーズに魅了され続けました。




最初は、「画面上で殴り合うだけのゲーム、何が面白いんだろう」
なんて思っていましたけどね。気がついたら両替した50円玉、ポケットにたくさん溜め込んでゲーセンでプレイしてました。f(^^;)

そして、上記「ストリートファイター2」の後を継いで登場したのがストリートファイターZEROシリーズです。

このZEROシリーズの作品全てを収録したPS2ソフト、「ストリートファイターZERO ファイターズ ジェネレーション」が先日(5/25)に発売になったので早速買ってプレイしてますが、計5タイトルに加え、隠しタイトルも何作かありますので、ボリュームの多いこと多いこと!よなよな遊び倒して手首が痛いです。。。ヘ(><#)ノ アイタッ

でも、手首の痛みを感じながらもホント懐かしくて各作品ごとに当時のことをしみじみと思い出しながらプレイしています。以下、ZEROシリーズ1~3までの3作品に分けて、当時のことを振り返りますね。


○ストリートファイターZERO
大人気を博してシリーズに幕を閉じたストリートファイター2シリーズの後を受けて登場した最初の作品。大きな特徴はなんといっても「ZEROコンボ」という、ボタンを連打するだけで技がつながる(技と技の間に全く隙がなく、攻撃されてる側が反撃できない状態)システムですね。これについては賛否両論があり、結果、離れていったプレイヤーも多かったようですね。それまでよく一緒にプレイしていた大学の友達も、本作品をきっかけにプレイしなくなった人が何人かいました。

ただ一方で、このゲームをきっかけに、つきあいを持つようになった人(当時バイトをしていた新聞屋の同僚など)ができたりなんてこともありました。本作品、隠し要素として「ダン」「豪鬼」「ベガ」といったキャラクタが用意されていたり、それまでのスト2にはなかった戦いができたりと話題には事欠きませんでしたので、コミュニケーションの輪は広がった、、、というか、作品の内容ががらりと変わった分、コミュニケーションの相手・内容も変わっていったって感じですかね。
たかがゲームですが、されどゲーム。意外と有効なコミュニケーションアイテムになるんですよね。

さて、まだZERO2、ZERO3とあるんですが、続きはのちほど。。。(#^.^#)


《関連リンク》
○ストリートファイターZERO
ファイターズ ジェネレーション公式サイト(カプコン)


○ストリートファイターZERO
ファイターズ ジェネレーション - アーケード版を忠実に移植!(ファミ通.com)


○ストリートファイターZERO
ファイターズ ジェネレーション レビュー集(PlayStation mk2)

スポンサーサイト
▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。