僕のおもひでグラフィティ
arumikan-an's Blog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
久々の社内研修
先週のことですけど、久々に社内研修を受けました。
内容は、ソフトウェアドキュメンテーション。ソフトウェアを作成する際に必要となる仕様書を作成するための、スキルの向上が目的の講座です。


僕は、プログラマーの仕事、今年で10年目なんで、いろいろなところでいろいろな仕様書を見たり書いたりしてきたつもりなんですけど、今回の講座で普段気にも留めてない間違った記述のクセがあったことを思い知らされました。

具体的にどう思い知らされたかというと、、、、実際に出された問題、2題ほど以下にご紹介します。

1.以下の部分を簡潔な表現に正しなさい。

・テスト実施の前に、データの作成を行います。


2.不適切な箇所を正しなさい。

・その関数は、地図データが処理される。


さて、ご覧の方々は、分かりましたでしょうか?
答えは、そのうちに。。。。(#^.^#)



《追記2006-06-25》

さて、問題出してから、時間が経ちましたので答えをお知らせします。

1.テスト実施の前に、データの作成をします。

この問題の要点は、「動詞形にできる名詞に「行う」などを付けない。」です。
仕様書を書くときに丁寧に書こうとして
よくこういう書き方をしてしまいます。
実際、研修を受けてこの一週間の間にも、何度か書いてしまいそうに
なって、思いとどまりました。f(^^;) ポリポリ


2.その関数は、地図データを処理する。
(または)
その関数によって、地図データが処理される。

この問題の要点は、「主語が何で、対応する述語が何であるかを常に意識する。」です。
このこと、正直普段できてるかどうか自信ありません。
ブログ書くときなんかも、なんとなく思い浮かんだ
言葉をそのままキーボードで打ってるだけなんで、
人から見たら、結構おかしな表現あったりするかもしれませんね。
まあ、ブログの場合は、自由気ままに書くのもアリでしょうけどね。

以上、こんな感じです。いかがでしたでしょうか?

スポンサーサイト
▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。